Uncategorized

【10代貯金】17〜18歳の1年間で100万円貯めた方法

僕が17歳の時に100万貯めた方法

結論から言うと、自分では貯金していません

自分で貯金していないというのは、自分のお金じゃないということではなくて、

お金の管理を他人にしてもらっていました。

ちゃんと働いて、働いた給料から毎月7〜10万円を他人に渡して貯金してもらっていました。

他人と言っても

17歳の時に働いていた所の社長で、ガテン系の仕事をしていたのですが、

40代でもバリバリ動いて、夏は船で島に連れて行ってくれたり、陽気な人でした。

けど、「なんで自分で貯金しようと思わなかったの?」

A.持ってたら使っちゃうから

運転免許が取りたくて、免許をとってすぐ車も欲しかったんです。

けど免許と車どっちも欲しいってなると、ざっくり100万はお金が必要で、

けどお金をもってたら使っちゃう、

じゃあどうやって貯金しようか?って考えた時に思いついたのが、

必要な時にしか引き出してくれない人、

それか自分が引き出してとお願いしにくい人に預けちゃおうって考えになったんです。

ってわけで

「社長さん来月から車の免許取るまで預かってください」って感じで貯金をスタート。

その時社長に預けて大丈夫なのか?とか全く思いませんでした。

18歳になってすぐ免許をとって、車を買うには後いくら必要で、

今月8万しか貯金出来なかったから、

来月は10万は貯金しないとみたいなことばかり考えてました。

その貯金の仕方が正しかったはわかりませんが、

結果として100万貯めれて、免許も1発合格!車も買えたのでいい判断だったと思います。

100万貯めた後に思ったこと

まとめ

自分がどうしてもやりたいと思えること、

やらないといけない状況になったら貯金はできる。

お金をすぐ使っちゃうけど貯金はしたいって方は、お金を引き出しにくい所に貯金するのも1つの方法です。